沿革・歴史

当委員会の発足

Jリーグの発足を目前に控えた1992年、大分県では2002年W杯地方会場誘致など夢のある事案が推し進められ、県協会としても組織の充実をはかる必要に迫られていました。 医療の面においても多様化するサッカーの外傷・傷害の治療と予防の正しい知識をサッカーの現場に普及させるため、また将来ある子供たちの心身ともなった成長・発達をサポートするために組織的な活動が必要と考えられてきました。 3月28日著者の呼びかけに当時、県内でサッカー好きと定評のあった先生方(田村裕昭・伊東啓・坂本貞昭・三重野龍彦)にお集まり頂き、懇親会を開催したのが始まりでした。 当時の篠永理事長の深い御理解と後押しを得て、常務理事会、理事会などで趣旨説明を行い、9月19日、正式に医事委員会としてその設立が承認されました。 構成メンバーは「サッカーファンであり、大分県サッカーの発展に貢献する医師、医学関係者」とされました。

–2017

2016年度1月24日 第1回医学委員会開催(OSC:Oita Sports medicine and Culture hall)

 

–2016

2015年度 2月9日 第3回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)、2016年度5月31日 第1回医学委員会開催(OSC:Oita Sports medicine and Culture hall)、9月27日 第2回医学委員会開催(OSC:Oita Sports medicine and Culture hall)

JFA BLSプロジェクト立ち上げ

九州サッカー協会医学委員長に内田六郎 氏が就任

大分県サッカー協会医学委員長に松本善企 氏が就任

大分県サッカー協会医学委員会事務局が青山整形外科クリニックから大場整形外科へ移行

 

–2015

2014年度 1月27日 第3回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)、2015年度5月25日 第1回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)、10月6日 第2回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)

医学委員会活動用ポロシャツ作成

 

–2014

2013年度 1月28日 第3回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)2014年度5月27日 第1回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)、9月20日 第2回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)

トレセントレーナー及び栄養士のサポート活動が予算化される

 

–2013

2012年度 1月22日 第3回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)2013年度5月31日 第1回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)、9月30日 第2回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)

 

–2012

2011年度 1月17日 第3回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)2012年度5月29日 第1回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)、9月25日 第2回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)

U-15クラブユース連盟の登録に、メディカルマネージャー設置が必要(2011年度第3回議事録より)

 

–2011

2010年度 2月4日 第4回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)2011年度5月17日 第1回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)、9月13日 第2回医学委員会開催(大場整形外科東館)

サッカーファミリー認定制度開始

U-15クラブチームの事務局内に、Mマネ養成講習会についての連絡担当者を置くことを提案

 

–2010

2009年度 1月22日 第3回医学委員会開催(コンパルホール) 2010年度4月16日 第1回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)、9月14日 第2回医学委員会開催(青山整形外科クリニック)、11月9日(青山整形外科クリニック)

スポーツ外傷・障害プロジェクトパンフレット(第2版)印刷

メディカルマネージャーWeb上での登録開始

サッカー協会活動時のAED2台購入

 

–2009

1月23日 第3回医事委員会開催(青山整形外科クリニック)2008年度 5月29日 第1回医事委員会開催(青山整形外科クリニック)2009年度

 

–2008

JFAのキャプテンズ・ミッシヨン2008年度支援制度(チャレンジFA)にスポーツ外傷 障害防止プロジェクトが選定される。スポーツ医学委員会よりパンフレット(初版) を印刷する。 5月16日 第1回医事委員会開催(青山整形外科クリニック) 9月 9日 第2回医事委員会開催(青山整形外科クリニック) 12月20日 第3回医事委員会開催(コンパルホール309号室)

 

–2007

5月27日 大場委員長の県協会専務理事就任により、 スポーツ医学委員会に新たに内田六郎氏が就任。 事務局も大場整形外科より青山整形外科クリニックに変更。 第3回スポーツ医学委員会(12月20日)にてIT関連よりスポーツ医学委員会 荷での強化連携(内田)とのHPについてとCMSの説明(神宮氏)を実地

 

–2006

11月10日 第2回委員会にて県内を6ブロックに変更案承認

 

–2005

10月28日 第2回委員会にて県内を5ブロックに分割案承認

 

–2004

2月28日 ~29日 第34回サッカードクターセミナー(JFA)を開催(九州初) (当委員会主管:ビックアイ・東洋ホテル 他)

 

–2003

4月 大分県サッカー協会社団法人化に伴い、 医事委員会からスポーツ医学委員会に名称変更

9月21日 「サッカー傷害防止プロジェクト」発表

11月19日 キリン杯サッカー(日本VSカメルーン)医事運営

12月27日 当委員会からの呼びかけにより 第1回九州サッカードクターミーティングを開催(熊本県・大津町)

–2002

6月10日 2002FIFA W杯大分大会医事運営(ベルギーVSチュニジア)

6月13日         〃        (メキシコVSイタリア)

6月16日         〃        (セネガルVSスウェーデン)

M.S.S研究会地域開催開始(県南地区・佐伯)(第24回)

–2001

7月 4日 キリン杯サッカー(日本VSユーゴスラビア)医事運営 医事委員会中長期計画の策定

大分FC(トリニータ)メディカルサポートより撤退

 

–2000

3月16日 1999年度第3回医事委員会開催 組織変革(委員と協力会員に分ける) 大分県理学療法士協会スポーツリハビリテーション委員会会員の参加 W杯医事運営に関する準備開始

 

–1999

大分FC J2メディカルサポート開始 「少年サッカー選手用ヘルスチェックシート」の普及活動開始

 

–1998

月 2日 第1回M.S.S(Medical Support in Soccer)研究会開催

U-12サッカー選手スポーツ傷害アンケート調査実施

各種委員会に当委員会より救急バックの提供贈呈 「U-12サッカーヘルスチェックシート」の発表

 

–1996

小・中・高部活動アンケート調査実施

「サッカー医学マニュアル」大分県サッカー協会編 ホームページ開設(担当・松田貴雄委員)

12月 8日 第3回大分県サッカー医学セミナー(名称変更)開催(豊府高校体育館) 特別講演 関 純 氏(鹿嶋アントラーズ・チームドクター)

 

–1995

大分FC九州リーグ帯同(優勝) 大分FC JFLメディカルサポート開始

 

–1994

4月23日 第1回指導者講習会(大分県サッカー医学セミナーの前身)開催 (市営陸上競技場) 大分FC(トリニティ)設立。メディカルサポート開始

–1992

3月28日 医事委員会設立に関する懇親会開催(都町・新丁)

6月14日 常務理事会にて設立趣旨説明

7月16日 第1回医事委員会開催(都町:魯山)

9月 9日 第2回医事委員会開催(ワシントンホテル・チャイナテーブル)

9月19日 理事会にて正式に承認され、発足